上級設定

Advanced Preferences

プロキシサーバ

FTPプロキシを経由してサーバに接続する必要がある場合、ここに必要な情報を入力し設定します。プロキシを使用しない場合は何も入力する必要はありません。

サーバ接続時、待機状態の維持を試みる
本設定をオンにすると、Codaは定期的にシンプルなコマンドをサーバに送信し、接続を維持しようとします。

SFTPプロキシサーバ

パスワードベースの認証を必要とするSFTPプロキシを経由してサーバに接続する場合、ここにパスワードを入力します。プロキシを使用しない場合は何も入力する必要はありません。

詳細サーバ設定

FTPの仕様は厳密に定義されておらず、すべてのFTPサーバが同じように動作する訳ではありません。互換性に問題が生じていると感じられる場合は特殊なサーバに応じた個々の設定を行ってみてください。

Advanced Server settings
サーバ欄
The server these settings will apply to. サーバ欄でデフォルトが選択されている場合、このパネルでの変更はすべてのサーバ接続に影響します。 ボタンを押し任意のサーバを追加することで、サーバ毎の設定を構成することも可能です。
サーバタイプ
接続先のサーバのFTPパッケージが明確だったり、Codaが期待通り動作しなかったりする場合はこの設定を変更します。
リストスペース値
ファイルリスト区切りに使用されている値を選択します。具体的には日付と時刻の間のスペース数をこの設定で定義します。
テキストエンコード
あなたのサーバで使用されているファイルリストのテキストエンコーディングをCodaが正しく処理できない場合、ポップアップから適切なエンコーディングを選択します。
ユニコードの正規化
ユニコードの正規化処理の方法を選択します。LinuxやWindowsベースのサーバではNFCが使用され、macOSベースのサーバではNFDが使用されるのが一般的です。(より詳しい情報はUnicode正規化をご参照ください。)
ネットワーク
接続先のサーバがセッション数に制限を設けている場合はここで設定します。
タイムアウト時間
タイムアウトまでの待機時間を設定します。
混雑時のリトライ
サーバがビジー状態の時、リトライまでの待機時間を設定します。

上級設定

変更日の保持を試みる
ファイルを転送する際、項目の変更日を保持しようとします。プロトコルやサーバによってサポートできない場合があります。
長時間の転送時に接続の維持を試みる
転送が完了するまで、接続を有効に保つコマンドを定期的に送ります。
FEATコマンドを使用する
サーバがサポートしている場合に限りFEATコマンドを送信します。
MLSTコマンドを使用する
時刻をより正確に取得するためのMLSTコマンドを送信します。
CCCコマンドを使用する
互換性を確保するため、FTPS(TLS/SSL) プロトコルで接続する際に安全な接続の確立後に平文にします。
PRETコマンドを使用する
PRETコマンドを送信します。
TLS v1.2暗号化を使用する
有効にすると、FTPS(TLS/SSL)およびFTPS(Implicit SSL)接続時に適用されます。