転送キューウインドウについて

Transmitにはファイル転送の詳細を確認したり操作したりすることができる 転送キュー ウインドウが搭載されています。多くのファイルが含まれたフォルダの転送時や大きな容量の .zip アーカイブの転送時など、転送の状況や進捗を確認することもでき便利です。

transfer queue

転送キューウインドウの場所

ファイルの転送中、Transmitウインドウの右下に小さなプログレスバーが表示されます。このバーからも、転送の進捗について知ることができますが、より詳しいことは分かりません。

そのような時に、Transmitウインドウの左下にある三角アイコンをクリックしてください。

ファイルの転送状況がリストで表示されている転送キューウインドウが表示されます。あるファイルは既に転送が完了していたり、あるファイルは転送中だったり、これから転送されるものもあるかも知れません。このウインドウでは個々のファイルの転送状況と転送完了までの時間の見積もりが表示されます。

項目名の右にある x ボタンをクリックすると転送をキャンセルすることも可能です。また下矢印ボタンをクリックすると転送をすぐに開始させることが可能です。

同時に何セッション許可するか?

Transmitはファイルの転送時、同時接続数をどれくらい許可するかを環境設定から設定することが可能です。接続先のサーバによっては同時接続を許可しなかったり、上限を設定している場合があります。

NOTE: 同時接続数のカウントは トップレベル項目 のみで判断されます。内包された項目はカウントされません。

例えば同時接続数の上限が5接続と設定されていて、5つのファイルを含むフォルダが1つあり、このフォルダを転送した場合はこのフォルダが 1つの項目 として処理され、フォルダ内のファイルが1つずつ処理されます。

転送を一時停止する

転送キューウインドウのツールバー左端に 中断 ボタンがあります。これは キュー項目に作用 します。例えば転送キューウインドウに10項目がリストされ、現在3項目が転送中とします。そこで中断ボタンを押すと3項目の転送完了後に中断されます。キューウインドウにリストされている転送を再開するには、再開ボタンを押します。

最終更新日: 2016年08月16日