Panic Sync必要環境

Transmit 5を開発する中で、私たちはPanic Syncのデータ形式のいくつかを変更しなければなりませんでした。これにより、Transmit 5とお気に入り設定等を同期するすべてのアプリのクライアント側での変更が必要となりました。古いバージョンのアプリをお使いでPanic Syncを引き続きご利用いただく場合、それらのアプリを最新版にアップデートください。更新後の初回同期時に最新のデータ形式に更新されます。

これに伴い、残念ながらCoda 2のmacOS 10.9サポートが終了しました。Coda 2でPanic Syncを引き続きお使いいただくには、macOS 10.10以降のシステムが必要です。

新しいPanic Syncに対応したバージョンは以下の通りです:

アプリ    バージョン
Coda 2.6.2
Coda for iOS 2.2.4
Transmit for iOS 1.3.6

Panic Syncをお使いいただく場合は、上記のバージョンよりも新しいバージョンにアップデートの上お使いください。