Air Previewについて

はじめに

*Air Preview*とは、Coda 2で編集中のコードをCoda for iOSでプレビューする機能です。

  • *もしペアリングに関するトラブルがある場合、*ローカルネットワークでBonjourが適切に動作しているかをご確認ください。(ルータによって初期状態の設定でBonjourがブロックされていたり、プライバシーセパレータ等と呼ばれる端末間の通信を遮断する機能で遮断されていたりする場合があります。)
  • プレビューは行えるものの、CSSなど外部参照しているファイルが読み込まれない場合はCoda for Macの*ローカルURL*設定が適切かをご確認ください。 http://localhost/ではなく、MyComputer.localである必要があります。多くの場合localhostは機器自身を参照し、この場合iOSデバイスが参照されています。

ようこそ

コーディング中、もっと広いスクリーンや別のモニタが必要ですか?新しいモニタを買う必要はありません!*Coda iOS + Coda 2*でAir Previewが利用できます。

使用方法

まず、Coda iOSをiOSデバイスで起動します。そしてCoda for Macで書類を編集します。プレビューの準備が整ったら、Coda for Macのエディタ下部にある*Air Preview*ボタンを押します。すると、iOS上にプレビューされます。編集し保存するたび、自動的に更新されプレビューされます。

初めの1歩

Air Previewを利用して書類をプレビューする前に、Coda for MacとiOSデバイスをペアリングする必要があります。

CodaはAppleの*Bonjour*テクノロジを利用してローカルネットワーク上でCoda iOSが動作しているiOSデバイスを探索します。1度ペアリングが完了すれば、2回目以降は通常のWebサーバのように振る舞い、書類を編集し保存するたび必要に応じて自動的に更新され、Coda iOS上でプレビューされます。

iOSデバイス側の準備

iOSデバイス上で必要な操作はCoda iOSを起動し、プレビュー元となる書類を編集しているCoda for Macが動作しているMacと同じローカルネットワークに接続状態でしておくだけです。

また、Air Previewが適切に動作するかをチェックするために、静的なHTML書類をCoda for Macで準備しておくことをお勧めします。複雑WebページはAir Previewのチェックが完了してからでも遅くありません。

ペアリング

Air PreviewするにはCoda for Macのエディタ下部にあるボタンをクリックします。すると小さなポップアップが現れ、認識されたiOSデバイス名が現れます。デバイス名をタップすると4桁の数字が表示されますので、その数字をCoda iOSに入力してペアリングは完了です。