Transmitはファイルやフォルダに対し、Unixスタイルのアクセス権を設定してアップロードすることが可能です。

すべてのサーバでアクセス権を設定できるわけではありません。UnixスタイルのサーバやWebDAVサーバ、Amazon S3で利用できます。

アップロード時に設定されるアクセス権を確認するには:

  1. Transmit > 環境設定… を選択します
  2. ルール タブを選択します

アクセス権を設定してアップロードする項目をファイル拡張子で管理します。+ および - ボタンで拡張子を追加したり削除したりします。

設定を反映させ実際に動作させるには、拡張子の隣のチェックボックスをオンにします。

アクセス権を設定したい拡張子を選択した状態で、右側のアクセス権を設定します。

設定はプロトコル毎に設定が可能です。例えば、pngファイルのSFTPタブでの設定は、文字どおりSFTPアップロード時には適用されますがAmazon S3では適用されず、S3タブの設定が適用されます。

最終更新日: 2018年03月28日