FTPプロトコルによるデータ転送には2つのモードが存在します。”パッシブモード”では、文字通りサーバが”Passive(受動的)”で、サーバからの接続リクエストをクライアントが許可するのでは無く、サーバがクライアントからの接続リクエストを許可します。(このような接続リクエスト方法はFTP固有のものです。)

今日のモダンなネットワーク環境ではセキュリティ上の理由により、下り接続のみ許可されているケースがほとんどです。このような環境では従来のFTP接続リクエストを確立することが困難なので、パッシブモードで接続する必要があります。

また特に、FirewallやNAT内から外部にFTP接続する場合、パッシブモードでしか接続できません。

このような問題は、SFTPを使うことでも回避が可能です。

パッシブモードをオフにする必要があるとき、その方法は2種類あります。

すべてのFTP接続でパッシブモードをオフにするには:

  1. Transmit > 環境設定… を選択します
  2. 転送 を選択します
  3. 転送にパッシブモード(PASV)を使用する のチェックをオフにします

任意のお気に入り設定でのみ、パッシブモードをオフにするには:

  1. お気に入り設定を選択し、編集モードにします
  2. パッシブモード のチェックをオフにします

最終更新日: 2018年03月28日