Novaコマンドラインインタフェース (CLI) ツールを利用することで、お好みのターミナルアプリからファイルやワークスペースを開いたり作成したりすることが可能になります。

インストール

Nova CLI ツールをインストールするには、Nova環境設定からツールタブを開きます。

Preferences > Tools

続いてインストールボタンをクリックし、管理者名とパスワードを現れたダイアログに入力します。

Install CLI prompt

インストールが完了したらお気に入りのターミナルアプリを開いて nova と入力した後にreturnキーを入力してみてください。

以下の内容が出力されたら、インストール成功です:

running `nova` command

使用方法

CLIツールを利用することで、ワークスペース内の既存のファイルやフォルダを開くことができます。

例えば、nova /path/to/existing/folder/ とするとフォルダが開かれます。

nova /path/to/existing/folder/index.html とすると、ファイルが開かれます。

CLIツールで新規ファイルやフォルダを作成し、ワークスペースで開くことも可能です。

“new-project”という名前のフォルダを作成するには、以下の様に入力します:

nova /path/to/existing/folder/new-project/

“new.html”というファイルを作成するには、以下の様にします:

nova /path/to/existing/folder/new.html

引数

Nova CLIツールは以下の引数をサポートしています:

-a, --async 戻る前にファイルがNovaによって閉じられるのを待ちません。
-w, --wait 戻る前にファイルがNovaによって閉じられるのを待ちます。
-h, --help この情報を表示します。
-v, --version バージョン情報を表示します。

複数のファイルが指定されている場合は -a が使用され -w は無視されます。

デフォルトではNovaCLIツールはファイルが閉じられるのを待ちません。ただし、パイプチェーンなどでツールの出力がリダイレクトされる場合はツールの代わりに待機します。

最終更新日: 2020年09月28日